fc2ブログ
2022-12-04

夕暮れの高架橋を進む新幹線

20220925山陽新幹線04
[ JR山陽新幹線 西明石~姫路 / 2022-10-22 ]

明石方面に用事があたので、ついでに山陽新幹線を記録。この区間だけ防音壁が無いので助かりますね。
ほんのり赤く染まった車体が綺麗でした。

↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

2022-12-03

兵庫県西宮市の山陽新幹線記念公園に行ってみた

20220925山陽新幹線01

20220925山陽新幹線02

20220925山陽新幹線03
[ JR山陽新幹線 新大阪~新神戸 / 2022-09-25 ]

少し前の写真になりますが、9月の終わり、西宮に用事があったので、その足で「山陽新幹線記念公園」に行ってみました。
名前の通り、1972年の山陽新幹線の開業時に造られた公園で、六甲トンネルの東側のトンネル入り口の真上にあります。このため、トンネルの上から新幹線を見れるとあって、昔から知られた公園です。

しかしこの公園は住宅街の中にあるため駐車場がありません。事前に山を降りた地点にコインパーキングがあることを確認できたので車で行ってみました。無事に駐車(どのパーキングも狭い…)し、息子と軽い山登りを開始。慰霊碑に手を合わせ、その裏手に入らせて頂きます。金網があって撮影し難いですが、望遠レンズならばなんとか気にならないくらいのレベルになります。この日は天気が良く、夕日を浴びて西に向かう列車を記録することができました。

20220925山陽新幹線記念公園01
坂道を登っていくとトンネルが。この上が公園です。

20220925山陽新幹線記念公園02
注意書き。周囲は道が狭く、違法駐車は絶対にNGです。

20220925山陽新幹線記念公園03
慰霊碑です。この裏手から新幹線を見下ろせます。

20220925山陽新幹線記念公園04
金網越しに新幹線を見下ろします。息子の撮った1枚が意外と分かりやすいので採用(笑)

↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

2022-11-27

夕日を浴びて高松を目指す高徳線の列車たち

20221103高徳線01

20221103高徳線02
[ JR高徳線 屋島~木太町 / 2022-11-03 ]

11月の高松旅行の続きです。
夕方、屋島の宿泊先に向かう前にちょっと寄り道。住宅や工場が立ち並ぶ地域ながらも、この場所は比較的すっきりとした写真が撮れます。タイミングよく夕日を浴びて進む特急「うずしお」、普通列車を記録することができました。

↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

2022-11-26

草津線を行く亀山配給のDD51を、大砂川トンネルで記録

20221002草津線01

20221002草津線02

20221002草津線03

20221002草津線04
[ JR草津線 三雲~甲西 / 2022-10-02 ]

この日は亀山配給を務めたDD51が単機で宮原に戻る日だったので、一度行ってみたかった大砂川トンネルへ。
時間になると遠くに朱色の車体が見え、もうその時点でワクワク。トンネルの向こうで何枚か撮ったら、今度は飛び出てきたところを縦構図でシュート。振り返るとススキが綺麗だったので、思い切ってススキにフォーカス。
1粒で3度美味しい、素晴らしいロケーションでした。

ローカル運用で活躍する113系も記録。おそらく、DD51よりも113系の方が先に消えてしまうでしょうね。

↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

2022-11-13

実りの秋を行く 北条鉄道キハ40 11月編

20221112北条鉄道01
[ 北条鉄道 粟生~網引 / 2022-11-12 ]

20221112北条鉄道02
[ 北条鉄道 網引 / 2022-11-12 ]

20221112北条鉄道03
[ 北条鉄道 田原~網引 / 2022-11-12 ]

20221112北条鉄道04
[ 北条鉄道 網引 / 2022-11-12 ]

晴天だったので、フラッと北条鉄道へ。
まずは第四種踏切で。秋になり光線が低いのでお昼でも綺麗に撮れるようになりました。

そして網引駅へ。ここには昔から有名な大銀杏がありますが、キハ40との組み合わせは初めて。大勢のファンが駅周辺に撮影に来ていました。抜けるような青空と大銀杏の黄色がとても鮮やかでした。

粟生行の列車は少し離れた場所から。刈取りの終わった水田地帯をゆっくりと進み、網引駅へ。そして発車。鉄道模型を見ているかのような時間でした。

↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

2022-11-06

団体臨時列車「キハ47『復刻急行』で行く秋の土佐路」を徳島線でお見送り

20221103徳島線03

20221103徳島線02

20221103徳島線01
[ JR徳島線 鮎喰~府中 / 2022-11-03 ]

11/3は、徳島→高知の間を、キハ47を使用した団体臨時列車「キハ47『復刻急行』で行く秋の土佐路」が駆け抜けました。当日は香川県に行く予定があったので、ちょっと寄り道。徳島線の東側は撮影地が無いのですが、唯一撮れそうだったのがこの鮎喰川にかかる橋梁でした。行ってみると、南側に電線があるので接近すると絵にならないことが判明。
そこで、東側から後追い気味で風景的に撮ることにしました。「土佐」のマークは入りませんが、今や貴重なキハ47が首都圏色+四国色で走ること自体がニュースなので、記録という意味ではこれも貴重な一枚になると考えて構図を決定。

そして定刻に色鮮やかな列車が橋梁を駆け抜けていきました。この先、土讃線内では素晴らしい写真が数多く上がっており、撮影組も乗車組も大満足の1日だったと思われます。このような企画がまたあるといいですね。

ついでに撮影した、1500形気動車、1200形気動車の普通列車も掲載しておきます。

↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

2022-11-03

実りの秋を行く 北条鉄道キハ40 10月乗車編

北条鉄道20221007
[ 北条鉄道 粟生 / 2022-10-09 ]

北条鉄道20221008

北条鉄道20221009
[ 北条鉄道 キハ40車内 / 2022-10-09 ]

北条鉄道20221010
[ 北条鉄道 北条町 / 2022-10-09 ]

この日の天気は下り坂。秋の3連休、せっかくの休日なのに残念。でも、今日もキハ40は頑張っている。
それならば、乗りに行こう! ということで子供たちを連れて乗ってきました。
キハ40気動車の貴重性、パパが若い時に東北という遠い場所でで乗ったり撮ったりしたこと・・・は、今は話してもまったく理解できないのですが、いつかは話を分かってくれる時が来るでしょうか。
黄金色の景色を見ながら列車は終点、北条町へ。
雨の中、走り去るキハを見送る駅員さんの後ろ姿が印象的でした。

↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

2022-10-30

【鉄道模型】TOMIX_北条鉄道キハ40 535 入線!&いきなりドレスアップ加工

TOMIXより、8608 北条鉄道キハ40 535形が発売されました。
当鉄道にはJosinより本日到着。当ブログでは珍しく、入線速報記事になります!

段ボール箱をあけてご対面。ついにこの日が来ました!!
鉄道模型北条鉄道キハ40_1

「見た目、五能線と一緒じゃん…」と思われるかもしれませんが、いえいえ、行き先や車番は特定なので印刷済である他、専用ヘッドマーク、専用取説、と気合が入っています。まぁ、本家の五能線と連結しても違和感ありませんが…。
鉄道模型北条鉄道キハ40_2

2022年3月13日のデビュー日の記念ヘッドマークが素敵!
鉄道模型北条鉄道キハ40_3

以下が当日の写真です。臨時運行につき種別幕は「臨時」になります。従って、記念マークを付ける場合は「臨時」に取り替えるが正解です。当鉄道では普段着のキハ40を再現したいのでマーク取付はお見送り。
202203北条鉄道10

余談ですが、私としては2022年2月27日の試乗会列車のマークの方が好きです。北条町方は「なまはげ」たちも描かれていて印象的でした。ちなみに我が子はこの印象が強いようで、この日以降「鬼の電車」と呼んでいます(笑)
20220227北条鉄道03



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、ユーザー取付パーツを付けて終わろうかな、と思っていると屋根に目が行きました。JRの無線アンテナの撤去跡、結構目立つな…、あかん、気になる、気になる・・・。
鉄道模型北条鉄道キハ40_10

という訳で、再現を試みることに。新品をいきなり弄るのは勇気が要りますが、地元の車両を手放すことは絶対に無いので勢いで作業開始。手元にあった四国色の無線アンテナを参考に位置を見極めました。そして使ったのは、信号炎管のランナーに一緒についているホイッスル。この突起部を切って長方形っぽく切断。
鉄道模型北条鉄道キハ40_5

うん、それっぽくなりました。塗装しなくていいのが嬉しいですね。取付は透明ゴム系接着剤なので、万が一気に入らなければ気軽に撤去できます。
鉄道模型北条鉄道キハ40_9

そして怒涛の追加加工。エアホースへの色入れ、粟生方には真鍮線でホース表現を追加!!
鉄道模型北条鉄道キハ40_7

室内灯にはグランライトをチョイス。一旦、整備完了です。ここまでドレスアップしたのは日本最速(?)でしょうか?
鉄道模型北条鉄道キハ40_6

という訳で、久しぶりに鉄道模型の記事をお送りしました。
五能線のキハ40を製品化しているTOMIXならもしかして・・・と思っていたら、まさかの製品化発表。本当に嬉しかったです。真の姿を表現するならバックミラーも必要かもしれませんが、実物でも気にならない程度なのでこれで十分に思います。
願わくば、一緒に活躍しているフラワ2000形気動車の製品化ですね。塗装の美しさは第三セクターの中でも群を抜いていると思います。鉄コレ向きかな? どうでしょう、TOMIXさん?

↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

2022-10-16

実りの秋を行く 北条鉄道キハ40 10月撮影編(後半)

北条鉄道20221003

北条鉄道20221004
[ 北条鉄道 田原~網引 / 2022-10-08 ]

北条鉄道20221005

北条鉄道20221006
[ 北条鉄道 網引~田原 / 2022-10-08 ]

青空が広がってきたので、これは晴れる!と確信。行きたかった場所へ急いで移動。ここは高台の道路から見下ろせる場所ですが、水田地帯が広がるので、ぜひ実りの秋に来たいと思っていた所でした。しかし、キハ40は運用日が極端に限られる上、好天がシンクロしないと意味がないと考えていたので、最悪今年はダメかも・・・と思っていました。

通過5分前までは雲が景色の一部を黒くさせていたのですが、キハ40が来る時には幸いにも影響の無い状態に。そして思い描いていた写真を撮ることができました。かつて東北の地で見ていた黄金色の海を行くシーンを、遠い播磨の国でも見ることができるなんて・・・本当に感動しました。

北条町に向かう列車は水田地帯の道で待ちました。こちらもバッチリ決まりました。
踏切に向かう道の脇には息子がいたのですが、なにやら私の真似をしてカメラを構えているポーズをしていました(笑) しっかりとその光景も記録しました。

↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

2022-10-15

実りの秋を行く 北条鉄道キハ40 10月撮影編(前半)

北条鉄道20221001
[ 北条鉄道 網引~粟生 / 2022-10-08 ]

北条鉄道20221002
[ 北条鉄道 法華口~播磨下里 / 2022-10-08 ]

3連休の初日、徐々に天候が回復傾向だったので、息子を連れてフラッと撮影に。
最初のショットは築堤から水田の向こうを行く列車を撮る構図にしましたが、惜しくも曇りに・・・。

気を取り直して西に向かうと晴れてきたので、今度は水田を貫く道路から撮ってみました。正面よりも後追いの方が綺麗に感じたので、こちらを掲載しました。

晴れ間が広がってきたので、前々から狙っていたあの場所に急ぐことにしました(続く)。

↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

Copyright (C) 旅の諧調♪撮影日誌. All rights reserved. Template by Underground