FC2ブログ
2021-01-24

【鉄道模型】KATO_14系「スーパーエクスプレスレインボー」をドレスアップしてみる_その1(中間車にグランライト初搭載)

久しぶりのブログ投稿です。そして今年初めてです。
ということで、皆さま、新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします (遅いですね…)

さて、新型コロナの影響で撮影には出ておらず、おうち時間が増えています。
このため鉄道模型いじりの時間が取れるようになりましたので、その内容を記事にしていきます。

今回のターゲットはKATO 14系700番台「スーパーエクスプレスレインボー」です。
実車は2000年に引退しましたが派手な外観で終始注目の車でした。東京在住時代、よく尾久客車区に留置しているシーンを極々当たり前に見ていた私としては、前々から当鉄道にあってもいいかな、と思っていました。模型は昔からKATOが製品化しており、2018年にリニューアル発売されたので購入を考えましたが保留に…。

そして2020年、模型を触る時間ができたのでオークションサイトを徘徊。旧製品ならば非常にお得なのですが、やはり狙うはリニューアル製品。数か月粘ってやっと納得のできる価格にて競り落としました。ほぼ手つかずで状態も良かったです。
レインボー_01



さて、例によって室内灯を入れていくのですが、従来使ってきた室内灯は高い、車端部の方向幕が暗い、自由に加工ができない等々、あまり納得のいかないまま組み込んでいた感じでした。そんな中、「庄龍鉄道」の「グランライト」が良いという話を聞き、今回当鉄道で初導入することにしました。

買ったのは、グランライトⅡ 新LED室内灯キット ナチュラルホワイト色 10両入 KATO用 です。方向幕の部分を光らせたいのと、後で記事にする特殊加工もしたいので、電極板を自分で半田付けするタイプにしました。電子工作、非常に久しぶりですが、何とかなるかな…。
レインボー_02



ということで、練習を兼ねて中間車 オロ14 714から工作開始。
まずは集電シューの加工から。平板を見てKATO純正のような形にできるのか不安になりましたが、平板には薄いスジが入っており、それを目安に折ると意外にも簡単に完成。
※一番左がKATO純正、中央がグランライト折り曲げ品、右が加工前
レインボー_03



次に室内灯ユニットと電極板の取付けです。位置関係を見ると、やはり端部より一つ中央寄りの端子に付けることになります。そして見よう見まねで半田付け。非常に汚いですが、まぁ、こんな腕でも問題ないということを証明する意味では載せる意味ありますかね(汗)
※室内の椅子に枕カバーを色塗りしてますが、極々普通の作業なのでその記事は省略です(笑)
レインボー_04
レインボー_05



ポイントは室内灯ユニットを天井に貼る位置です。床板の集電シューと一致するように微調整するのが唯一の苦労点ですかね。でも位置が合えば、何度も車体と床板を分離してもズレることは無さそうです。自作室内灯だと二度と分離できないという例もあるので、これは助かります。
レインボー_06



さぁ、いよいよ点灯のお時間です。
おおっ! 付いた! そして肝心の方向幕部分もバッチリです。
車端部まで光るメーカ既製品はすでにありますが、何両も付けるとお値段が・・・。手間がかかるとはいえ安価で実現できるのはいいですね。残りの類似の中間車3両も同じように進めました。
レインボー_07
レインボー_08


↓お読み頂き有難うございました。本記事がよい、参考になったと思われましたらクリックお願いします。

FC2 Blog Ranking

鉄道コム
鉄道コム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabinokaicho.blog53.fc2.com/tb.php/1642-039573d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 旅の諧調♪撮影日誌. All rights reserved. Template by Underground